読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こんな時!のためのシンプル中国語

このブログでは、何度か中国に出張されたことのある方、中国駐在されている方で、中国語に触れたことはあるが、ほとんどできない、という方を対象に、すぐに使えるフレーズをご紹介します。また、シーンに合わせて、中国の文化事情などもご紹介していきたい、と考えています。

初対面の時!

みなさま、こんにちは。

「こんな時!のためのシンプル中国語」です。

 

今日のシーンは「初対面」です。

 

中国で、お客さんや取引相手の中国人と初めて会う場合、

ほとんどのケースで、日本語のできる中国人が間に入り、

ほとんどのケースで、日本語を使って、お相手の方とみなさんとを引き合わせてくれると思います。

 

そんな時、相手と握手し、こんな一言。

 

认识您,很高兴!

Rèn shi nín, hěn gāo xìng !

 

直訳すると、「あなたと知り合えてとても嬉しいです!」という意味です。

 

中国語には“初次见面!”(chū cì jiàn miàn!)という、

日本語の「初めまして」に相当する言葉があるにはあるのですが、

あまり使いません。

この“认识您,很高兴!”という言葉で相手に「初めまして!どうぞよろしく!」という

気持ちが伝えられると、きっとお相手の中国も満面の笑みで歓迎してくれることでしょう!

 

“认识(rèn shi)”という言葉の発音が、ちょっと難しいですが、

「れんし」(アクセントは、「廉価(れんか)」と同じで、「れ」が高いです。)と言えば、

きっと分かってくれると思います。

 

ぜひ使ってみてください!

 

謝謝!

 

 

今ちょっと知りたい!あんな事!

中国人の英語名

 

中国人は、たいてい、英語の名前を持っています。

学生時代に、学校で英語の名前を決めさせられる、という話を聞いたことがあります。

 

私は上海の日系企業で働いていましたが、中国人は部署全員が英語の名前を持っていました。

もし、英語名がない場合は、つけてもらっていました。

 

新入社員の場合は、すでに同じ英語名の人がいる場合は、混乱の元なので、

「新しい英語名考えて!」とお願いしていました。

そうすると、結構素直に、その場でいろいろと英語名を考えてくれます。

 

ある新入社員の場合、退職者の補てん人員として採用したのですが、

最初の英語名が、まさにその退職者と同じ名前!でした。

2番目に考えた英語名は、他の社員と同じ名前!

3番目に考えた英語名は、他の社員と発音が(たぶん)同じ!(JonnyとJohnny!)

4番目の名前をめでたく採用!ということもありました。

 

ちょっと面白かった英語名を挙げると…

-Eleven:名前が「益意」というのですが、この発音が「一一」と同じ!

-Never:”Never give up!”が、彼のモットーとのことです!

 

プライベートトークで、中国人の英語名の由来を尋ねると、

話が広がり、相手を理解し、コミュニケーションが深まる契機になるかもしれません!